arrow-right hamburger logo-mark social-facebook social-github social-twitter
2016.09.13

Google Chromeでcommand+Qを間違えて押してしまうときの対処法(macOS限定)

ちゃちゃまる

Mac道
    このエントリーをはてなブックマークに追加  

こんにちは、ちゃちゃまるです。毎日欠かさずNETFLIXを見ながら英語の勉強をしています(正当化)。画面に2つGoogle Chromeのウィンドウを配置し、左側でNETFLIXやYouTube鑑賞しつつ、右側でブラウジングするのが常です。

alt ブラウジングが終わったらタブを閉じるのですが、僕は80%ぐらいの確率で command + W(タブを閉じる)と間違えてcommand + Q(アプリを終了する)を押して うっかりと動画のタブも閉じてしまいます。せっかく見ていた動画も一瞬で消えてしまいます……。

この問題をどうにかできないかとプラグインなどを調べていたら、まさかのGoogle Chrome標準機能で「Warn Before Quitting」(アプリを終了する前に警告する)というものがありました。これはかなり強いので紹介します。

Chromeの標準機能「Warn Before Quitting」

alt さっそく「Warn Before Quitting」(アプリを終了する前に警告する)の設定方法を紹介しますが、この機能はデフォルトでオフになっています。メニューバーの「Chrome」からオンにしましょう。

alt この状態でcommand + Qを押すと「Hold ⌘Q to Quit」というダイアログが出ます。アプリを終了するにはcommand + QをホールドするだけでOKです。

これでうっかり全閉じを防げるので、動画が途中で中断されて「ああっ!」って夜な夜な叫ぶこともなくなりますね!

それでも終了してしまう方は「command + shift + T」

ここまでしてもまだ間違えて終了してしまい、タブを全て失ってしまった方へ。Chromeを再起動後、command + shift + Tを押すと前回のタブ全てを復活させることができます。ご安心ください。

それではまた!

    このエントリーをはてなブックマークに追加