arrow-right hamburger logo-mark social-facebook social-github social-twitter
2017.02.20

年に一度のITエンジニアのお祭り!デブサミ2017にIoTLTが出展しました!

ちゃんとく

お知らせ

こんにちは、バックエンドエンジニアのちゃんとく(@tokutoku393)です。

先日(2017年2月16日)開催された「デブサミ2017」一日目に、代表のびすけの主催するIoT縛りの勉強会! IoTLTがコミュニティとして出展しました。

当日のコミュニティ出展ブースやイベントの様子をお届けします!

デブサミとは

デブサミ2017 公式サイト

ウェブサービスに関してはもちろん、IoT、人工知能、VRまで、最新のテクノロジーが集結する年に一度のITエンジニアのお祭り!

2日間、6会場に渡って開催され、2000名規模のエンジニアが参加しているそうです。(公式サイトより)

今年の会場は目黒雅叙園。本当にテック系イベントがここで……!?

特別展示展 - エンジニアコミュニティ特集

デブサミ2017では、特別企画展としてエンジニアコミュニティ特集が開催されました。(一日目のみ)

「五感で体験できるテクノロジー」をテーマに、各コミュニティの参加者が自作のIoTガジェットを持ち寄り展示しました!

参加コミュニティ

TMCN

センサ好きの飲み会から生まれた、最新ガジェットに関心のある個人をネットワークするコミュニティ。「Tokyo Motion Controll Network」の略だそうです。

MashupAwards入賞者や、デブサミスピーカーも擁するTMCNさんですが、作られるガジェットから「技術の無駄遣い」との声も……?(いい意味で)

ハイタッチする感覚を味わえるグローブ。使いどころは不明。

体育館の「キュッキュ」音が楽しめるスリッパと、振動・エフェクト音を発する卓球ラケットで擬似スポーツを体験。

IoT縛りの勉強会! IoTLT

dotstudio代表のびすけが主催するIoTコミュニティ。IoTをテーマに毎月様々な分野の人たちがLTをしています。詳細な概要や開催の経緯については、CodeIQ MAGAZINEで取材していただいたこちらの記事をご覧ください。

「IoT縛りの勉強会!IoTLT」が、毎月200人規模のエンジニア・クリエイターを集める人気の秘密

dotstudioからはちゃんとくとしゃのんが出展させていただきました! 体重計のデータをサーバに転送しLINEに通知を送るガジェット。自分のダイエット用。(ちゃんとく)

Android端末に挿して直接センサーの値を取れるWaffle!土の水分状況を取得なう。(しゃのん)

IoTLTではお馴染みポキオ氏。京急線が遅延すると光るが当日は遅延せず。

目的地に向かって倒れる傘や、Slackの会話に反応して動くPickupon、遠足カメラマンアプリなど、たくさん展示していただきました!

来場者の反応

来訪者はエンジニアの方はもちろん、技術やIoTにあまり馴染みのない方まで様々。一日目のみの参加でしたが、幅広い分野の方たちに展示を楽しんでいただきました!

「子供に電子工作させたい」「買えるんですか?」「これ使って痩せたいです(笑)」など、たくさんの反響が。技術のしくみも面白いけれど、「とりあえず遊んでみたら楽しい!」 ということから興味を持ってくれた方が多かったように思います。

IoTという言葉がバズワードになって久しく、企業や大規模サービスのものだと捉えがちですが、 身近で、楽しくて、誰でもできる のがIoTなんだと再認識しました。 IoT、まだまだ流行るぞー!!

我らがギャル電はデブラジに生出演!

IoTLT発のギャル電子工作ユニット、「ギャル電」はなんとデブラジ公開収録に出演!

野生のPDCA」「とりあえず光っとけばパリピにモテる」などのパワーワードで今回も会場をざわつかせていました。

ギャル電の公開収録についての詳細は別記事にまとめます!