arrow-right hamburger logo-mark social-facebook social-github social-twitter
2018.08.29

MacのWi-Fi設定をコマンドラインで!面倒な設定を簡潔に済まして快適なMac生活

のびすけ

Mac道
    このエントリーをはてなブックマークに追加  

こんにちは、代表のn0bisukeです。

今日はMacのWi-Fi設定をコマンドラインから行う方法を紹介します。

MacのWi-Fiの再接続はけっこう時間がかかる

通常はこんな感じで再接続になりますが、 実際30秒くらい はかかってました。 (このGIFでは途中カットしてます)

コマンドからやるとかなり速い

コマンドから実行すると6秒くらいで再接続できました!

驚きです。

Macのターミナルアプリからnetworksetupコマンドで実行できます。以下の3つの実行例があればかなり役に立つと思います。

Wi-Fiをオンにする

sudo networksetup -setairportpower en0 on

Wi-Fiをオフにする

sudo networksetup -setairportpower en0 off

指定したWi-FiのSSIDに接続する

sudo networksetup -setairportnetwork en0 <SSID> <PASSWORD>

結構簡単ですね。

上のGIFでは、オンにするコマンドとSSIDに接続するコマンドを二つ実行しています。

IoT機器への接続にも役立つ

単純に接続するまでの時間が短縮できるメリットもありますが、Nefry BTやM5StackといったIoTデバイスのWi-Fi設定をする際に、デバイスが発信するアクセスポイントにMacから接続するときにも役立ちます。。

Nefry BTのWi-Fiセットアップ

この際に、会場のWi-Fiの混雑状況によってはうまく繋がらない場合も多いのですが、コマンドから直接指定してあげるとスムーズに接続できる確率があがります。

sudo networksetup -setairportnetwork en0 NefryBT-XXXX

などで試してみましょう。

まとめ

IoT周りで動いてる人でも意外と知らない知見なのかなと思い書いてみました。

とくにハンズオンや授業をやる際には重宝するテクニックだと思います。

それでは!

    このエントリーをはてなブックマークに追加