arrow-right hamburger logo-mark social-facebook social-github social-twitter

Nefry BTで内臓LEDでLチカを試す

about Nefry BT

このページではNefry BTでLEDを制御する方法を紹介します。 Nefry BTをArduino IDEで開発するにあたり、こちらのドキュメントの内容を見てセットアップを済ませておいてください。

ボードの選択

メニューのツール > ボード > Nefry BTを選択します。

Nefry BT R2以降の場合

Nefry BTのバージョン(リビジョン)をチェックを参考に、Nefry BTの背面を確認してください。 R2の場合は以下のように選択します。

Nefry BTをPCのUSBポートにさしてください。

  • Nefry BTをPCのUSBポートにさしてください。
  • メニューのツール > シリアルポート > /dev/cu.usbserial-xxxxxx を選択します。環境によっては /dev/tty.usbserial-xxxxxxなどの場合もあります。

(Windowsだと表記が違うようです。)

プログラムの書き込み

メニューのファイル > 新規ファイルを選択します。

以下のようなウインドウが表示されます。

初期状態で書かれている現状のコードを削除して、以下のコードに差し替えましょう。

#include <Nefry.h>
//フルカラーLED ランダムにカラーが変わります。
#define SEED_PIN A0

void setup() {
  randomSeed(analogRead(SEED_PIN));
}

int red,green,blue;
void loop() {
  red=random(255);//random関数は0-255の数値をランダムに返します。
  green=random(255);
  blue=random(255);
  Nefry.setLed(red,green,blue);//LEDがランダムに点灯します。
  String color="Red:";color+=red;
  color+=" Green:";color+=green;
  color+=" Blue:";color+=blue;
  Nefry.ndelay(1000);//1秒待つ
}

A0を指定していますが、乱数のSeed用に使っているだけで内臓のLEDがA0という訳ではないです。

プログラムの保存とボードに書き込み

左上のボタンを押してボード(Nefry BT)にプログラムを書き込みます。

確認

無事にプログラム書き込みが終わると、Nefry BTに内蔵してあるLEDがカラフルに光ります。

お疲れ様でした。

Last edited on 2017.07.25 by のびすけ

Nefry BTで内臓LEDでLチカを試す

about Nefry BT

このページではNefry BTでLEDを制御する方法を紹介します。 Nefry BTをArduino IDEで開発するにあたり、こちらのドキュメントの内容を見てセットアップを済ませておいてください。

ボードの選択

メニューのツール > ボード > Nefry BTを選択します。

Nefry BT R2以降の場合

Nefry BTのバージョン(リビジョン)をチェックを参考に、Nefry BTの背面を確認してください。 R2の場合は以下のように選択します。

Nefry BTをPCのUSBポートにさしてください。

  • Nefry BTをPCのUSBポートにさしてください。
  • メニューのツール > シリアルポート > /dev/cu.usbserial-xxxxxx を選択します。環境によっては /dev/tty.usbserial-xxxxxxなどの場合もあります。

(Windowsだと表記が違うようです。)

プログラムの書き込み

メニューのファイル > 新規ファイルを選択します。

以下のようなウインドウが表示されます。

初期状態で書かれている現状のコードを削除して、以下のコードに差し替えましょう。

#include <Nefry.h>
//フルカラーLED ランダムにカラーが変わります。
#define SEED_PIN A0

void setup() {
  randomSeed(analogRead(SEED_PIN));
}

int red,green,blue;
void loop() {
  red=random(255);//random関数は0-255の数値をランダムに返します。
  green=random(255);
  blue=random(255);
  Nefry.setLed(red,green,blue);//LEDがランダムに点灯します。
  String color="Red:";color+=red;
  color+=" Green:";color+=green;
  color+=" Blue:";color+=blue;
  Nefry.ndelay(1000);//1秒待つ
}

A0を指定していますが、乱数のSeed用に使っているだけで内臓のLEDがA0という訳ではないです。

プログラムの保存とボードに書き込み

左上のボタンを押してボード(Nefry BT)にプログラムを書き込みます。

確認

無事にプログラム書き込みが終わると、Nefry BTに内蔵してあるLEDがカラフルに光ります。

お疲れ様でした。

Last edited on 2017.07.25

by のびすけ

Nefrybt-index-