arrow-right hamburger logo-mark social-facebook social-github social-twitter

企業向けIoT研修

by dotstudio

「IoTに詳しい人を育てたい」企業様の漠然としたニーズに答える、IoTに特化した研修です。

背景

経済効果200兆円のIoTテクノロジ

IT分野の調査・助言を行うガートナー社は、2020年にIoTテクノロジがもたらす経済効果がspan200兆円を超えると予測している。中でもIoTの活躍が期待されている分野は、IoT製品の製造、ヘルスケア、教育や農業などである。200兆円を超えると予測している。中でもIoTの活躍が期待されている分野は、IoT製品の製造、ヘルスケア、教育や農業などである。

IoTテクノロジを導入するには、広範囲な知識と技術が求められる。しかし、多くの企業でその分野を見ることのできる人材が不足しているのが現状である。IoT分野での新たな取り組みを進める、もしくは始める場合、まだ未熟な人材を育成することがこれからの重大なチャンレンジとなると予測される。

現状の課題 : IoT分野の人材育成

最近ではArduinoやRaspberry Piなど、個人でもIoTテクノロジを家やオフィスなどに導入できるような開発ボードも出てきた。しかし「初心者向け」と「超上級者向け」のノウハウのみオンライン上に出回っており、「脱・初心者向け」の具体的なIoTテクノロジ導入方法や詳しいIoTの解説などはほとんど見当たらない。

そこで我々は、初心者から上級者になるまでに必要な全てのステップを研修化することで、IoTテクノロジを導入するにあたり今最も求められている人材を育成する。

コース詳細

DAY 1 (6hours)

IoTの概要について

IoTの事例紹介
・IoTってワードはよく聞くけどそもそも何ができるの?
・IoTって何で盛り上がってるの?
プログラミング
・プログラミングってそもそも
・世の中の言語色々
・IoTを始める上でオススメのプログラミング言語
電子工作とは
・電子工作ってそもそも
・電子工作で出来ること
・電子工作のオススメ基板

DAY 2 (6hours)

電子工作に挑戦する

Arduinoの概要
電子工作に入門する上で一番メジャーなArduinoを紹介
センサー紹介
世の中にはどんなセンサーがあって、個人でも扱えるのかを紹介
Arduinoの開発環境構築
パソコンにArduinoIDEをインストールして開発環境を構築
ArduinoでLチカしてみよう
最初のプログラムとしてLEDの点滅(通称Lチカ)をする
Arduinoで照度センサを扱う
照度センサを使って周辺の明るさ情報を取得する
Grove、Gravityの紹介
初心者向けのコネクタを刺すだけで使えるGroveやGravityといったセンサー規格の紹介

DAY 3 (6hours)

Internetに繋げる

WioNodeの概要
Seeed製のIoT入門開発ボードWioNodeの紹介
WioNodeのセットアップ
iPhone/Androidのアプリでセットアップ
Groveセンサーを繋げる
温湿度センサを繋げる
温湿度センサの値をブラウザから確認
ブラウザから温湿度センサの数値を確認する
IFTTTと接続してLINE通知してみよう
IFTTTというWebサービスを経由して温湿度の値をLINEで確認できるようにする

DAY 4 (6hours)

郵便宅配の不在通知をLINE通知する仕組みを簡易的に作る

LINE BotとLINE Notifyの概要
LINEで値を確認する際にLINE BotとLINE Notifyという二つの手法・メリットとデメリットを紹介
サウンドセンサについて
今回利用するGroveサウンドセンサの仕組みについて解説
Groveサウンドセンサの値をWioNodeにつなげる
3回の復習を兼ねてWioNodeとGroveサウンドセンサを接続する
Node.jsでプログラムを作成
Node.jsプログラムでセンサの値を取得してLINEに通知する
AzureWebAppsにホスティングする
実際のサービスとして稼働させるためのホスティング(サーバーにプログラムを乗せる作業)
実際に使ってみよう
完成したシステムを使ってみる

メールでのお問い合わせはこちらから